自律神経失調症を改善する方法

自律神経失調症は、身体的ストレスや精神的ストレスが大きく関係しており、内臓や器官などが原因ではないため、自分でも気が付きにくい疾患です。

サイトトップ >

スポンサードリンク

自律神経失調症を改善する方法

自律神経失調症とは


自律神経失調症とは、自律神経のバランスが崩れることによって体にさまざまな不調や症状が起こることです。

自律神経失調症は、身体的ストレスや精神的ストレスが大きく関係しており、内臓や器官などが原因ではないため、自分でも気が付きにくい疾患です。

自律神経は、交感神経と副交感神経がバランスをとり合って、さまざまなストレスから体を守る役割をしています。

交感神経は、活動する時に働く神経で、脳や体が動く日中に働いており、逆に副交感神経は、睡眠時や休んでいる時に働く神経で、内臓の働きを活発にしています。

普通に生活をしていれば、交感神経と副交感神経はバランス良く働きますが、夜更かしや生活習慣の乱れ、ストレスや更年期によってバランスを崩してしまうと、自律神経失調症となるのです。

自律神経失調症は、現代の夜型の生活習慣が自律神経の働きリズムを崩してしまい、それにともない人間関係のストレス、仕事のストレス、生活環境の変化や気候の変化などのストレスも関係しています。

また自律神経失調症は、ホルモンバランスとも深い関わりを持っており、更年期なども原因となっています。

自律神経失調症は、さまざまな体の不調が現れても、病気や異常が発見されないことが多く、症状の強さも人によって違いがあります。

自律神経失調症を改善する方法

MENU



スポンサードリンク